シャンプー
PR

【ストレート&エアリー比較】ROOTH(ルース)のシャンプーでオススメはどっちか配合成分と使用感からお伝えします

kiririn0830
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ボタニストシリーズを展開するブランドから新製品として発売されたのがROOTHシリーズ。

発売されてかなり経過しますが、頭皮ケアに注目したシャンプーとしていまだに人気は衰えず、人気シャンプーの最前線に存在する製品ではないでしょうか。

今回は改めてROOTHシリーズから展開されるストレートとエアリーの2種類を配合成分と使用感から比較してどちらがオススメか紹介したいと思います。

ROOTHは頭皮ケアをテーマにしたシャンプー

ヤス
ヤス

ROOTHは頭皮ケアに注目したシャンプーなので、頭皮ケアという点は共通しているよ!

ROOTHブランドは頭皮ケアをテーマとしたシャンプーで、健康な毛髪は毛幹ケアだけではなく頭皮からケアすることで生まれるという、当たり前だけど一番大切なことに注目した製品です。

今回はそのROOTHからストレートとエアリーという2種類が展開されていますが、テーマは頭皮ケアということで共通しています。

それでは具体的にどのような違いがあるのかを見ていきましょう。

ストレートとエアリーを配合成分の違いで評価をしてみる

ヤス
ヤス

同じブランドなのでベースは似ていますが、ところどころ違いが見てとれますね!

ストレートエアリー
水、ココイルメチルタウリンNa、グリセリン、ラウラミドプロピルベタイン、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、ココアンホ酢酸Na、ウコン根茎エキス、チョウジエキス、トウシキミ果実/種子油、コメヌカ油、スクワラン、加水分解ヒアルロン酸、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ルイボスエキス、マヨラナ葉エキス、グリチルリチン酸2K、シラカンバ樹液、加水分解野菜タンパク、ポリクオタニウム-10、ココイル加水分解コラーゲンKデシルグルコシド、セテアレス-60ミリスチルグリコール、コカミドMEA、DPG、BG、リンゴ酸、塩化Na、エタノール、メントール、EDTA-2Na、安息香酸Na、フェノキシエタノール、香料水、ラウラミドプロピルベタイン、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルメチルタウリンNa、ココアンホ酢酸Na、コカミドプロピルベタイン、グリセリン、ラウロイルアスパラギン酸Na、ウコン根茎エキス、チョウジエキス、トウシキミ果実/種子油、コメヌカ油、スクワラン、アルギニン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、インドナガコショウ果実エキス、マヨラナ葉エキス、グリチルリチン酸2K、アスパラギン酸グリシンアラニンセリンバリンプロリンイソロイシントレオニンフェニルアラニンヒスチジン、シラカンバ樹液、加水分解野菜タンパク、PCAPCA-Na、ポリクオタニウム-10、BG、加水分解水添デンプンPCAイソステアリン酸PEG-40水添ヒマシ油、セテアレス-60ミリスチルグリコール、コカミドMEA、塩化Na、エタノール、メントール、乳酸Na、リンゴ酸、EDTA-2Na、安息香酸Na、フェノキシエタノール、香料
黄色:ストレートのみ配合 青色:エアリーのみ配合

まずは配合成分での比較。

黄色の成分がストレートのみ配合されているもので、青色の成分がエアリーのみ配合されているものになります。

これらの配合成分の違いをざっくり分けると、洗浄成分、保湿成分、植物エキスの違いになります。それらの違いを以下にまとめました。

ストレートエアリー
洗浄成分洗浄効果+補修効果洗浄効果(肌に優しい)
保湿成分強保湿効果天然保湿因子
植物エキス抗酸化作用血行促進作用

まず上記以外の成分は同一なので、異なる成分だけで違いを確認するとこんな感じになります。

個人的な感想ですが、今回の頭皮ケアというテーマによりこだわっていると感じられるのはエアリーの方であり、個人的に使い続けたいと思えるのもエアリーの方です。

洗浄成分がより頭皮にとって刺激性の低いものが使用されていて、保湿成分もアミノ酸、乳酸といった本来毛髪や頭皮が持つ保湿因子と同じものが使われている点が高評価に当たります。

もちろんストレートがダメというわけではないですし、使用感や香りによってはストレートの方がマッチする人も多いと思います。

さらにストレートはグリセリンの量がかなり多いので、保湿力を求めるのであればストレートだと思います。

逆にいうとグリセリンの量が少ないが故に仕上がりも軽くなるので、エアリーの方が若干ふんわり仕上がる可能性が高いですね。

ストレートとエアリーを使用感で評価してみる

ヤス
ヤス

ストレートとエアリーを使用感で評価してみたよ!

実際に私が成分解析をした評価と、実際に使った上での使用感の評価をここにまとめましたので、まずは軽く目を通してください。

ストレートエアリー
価格1760円1760円
配合成分評価
香り評価
泡立ち評価△〜
洗い上がり評価
コストパフォーマンス評価

配合成分にこだわりたい:個人的にはエアリーの方がオススメ

ヤス
ヤス

好みの問題もありますが、個人的にはエアリーの方が使い続けたいと思える内容でした!

配合成分は好みの問題もありますが、私はショートヘアですし毛髪ダメージもほとんどないため、そこまで補修力にこだわりはありません。

一方で頭皮ケアについてはめちゃくちゃ注力をしたいタイプで、それでいうと洗浄成分や保湿成分の内容的にエアリーの方が頭皮ケアに力を入れているように感じたんですよね。

どちらも配合内容はいい感じなので、あとはもう少し補修に注力したいのか、それとも頭皮ケアを中心にいきたいのかでオススメが変わるかなーと思ってます。

まあでもやっぱり天然保湿因子は優秀ですよ。PCAとか乳酸とかアミノ酸とかね。

香りにこだわりたい:好きな方を選びましょう

ヤス
ヤス

香りは好みなので実際にテスターなどでチェックして好きなのを選びましょう!

香りはシャンプーを選ぶ上でめちゃくちゃ重要なポイントだと思っているので、とにかく香りが重要という人はまずはテスターもしくはパウチを購入して確かめてからボトル購入をしましょう。

ストレート → マンダリンとクローブの香り
エアリー → ベルガモットとアニスの香り

公式的にはこのように発表されているんですが、正直全然わからん!笑

今までは石鹸の香りとかシンプルで非常に選びやすかったんですが、最近のシャンプーは香りまで格好をつけだしてみただけだとマジで想像ができない。。。

なので個人的に使った感覚を伝えると、まず大前提どちらもサッパリ系の香り

メントールのスーッとする感覚もありつつ、どちらもサッパリかつフルーティな感じに仕上がっています。

どちらかというとエアリーの方がよりフルーティな気がしますが、大きな差はないように思いますね。

泡立ちで選びたい:どちらも泡立ちは控えめ

ヤス
ヤス

泡立ちは正直どちらも微妙です。

泡立ちですが、正直ストレートもエアリーも控えめな泡立ち

スカルプシャンプーという名前ということもあり、モコモコとしてメンズシャンプーのような泡立ちを期待している人もいるかもしれませんが、泡立ちに関してはそこらへんのアミノ酸系シャンプーよりも弱めの印象。

まあ洗浄力と泡立ちには相関関係はあまり無いですし、洗う分にはストレスなく洗えるのであまり気にしない方はいいですが、泡立ち重視の人には不向きかもしれません。

洗い上がりの状態にこだわりたい:シットリならストレート、ふわっとならエアリー

ヤス
ヤス

どちらもサラサラな仕上がりなので満足!あとは好み!

どちらも使ってみて感じたのは、シャンプーだけでもかなりサラサラな仕上がりになるということ。

ロングヘアの妻にも使ってもらったんですが、同じようにサラサラな仕上がりになりますし毛先のまとまりもいい感じになったようです。

そのためとにかくサラサラになればあとは細かいことは気にしない!という人であればどちらを選んでもらっても大丈夫です。

あとは好みの問題で、強めの保湿力でしっとりさせたいという人はストレートがオススメで、できればふんわりさせたいという人はエアリーがオススメです。

コストパフォーマンスにこだわりたい:どちらも変わらない

ヤス
ヤス

価格一緒ですから大きくは変わらないっすね!

ストレートもエアリーも同じ価格同じ量なので、大きくコスパは変わらないです。

テーマについてもどちらも頭皮ケアですし、配合内容も好みはありますがどちらもクオリティは高いので、大きく優劣がつくものではありません。

コスパというのは価格に対しての効果実感という意味なので、そういう意味ではどちらを選んでもらってもいいと思います。

逆に価格をとにかく抑えたい、という人には2000円近いのであまり向かないかもしれないですね。

最終的なストレートとエアリーの選ぶポイントはこれ

ヤス
ヤス

どちらのシャンプーも頭皮ケアのことを考えた素晴らしいシャンプーです!

ここまで比較をしておいてなんですが、どちらも頭皮ケアをテーマにこだわった配合成分を使用している点は変わりなく、質の高いシャンプーだと思っています。

あとは好みに応じて選ぶでいいと思いますが、今までの評価をまとめたものを以下に書きますので、ご自身の髪の悩みに応じて選ぶようにしましょう!

ストレートを選ぶポイント

・毛髪の乾燥が気になる人
・ゴワつきやパサつきが気になる人
・強い保湿力が欲しい人
・仕上がりはしっとりが好きな人

エアリーを選ぶポイント

・毛髪も頭皮もしっかり保湿したい人
・刺激性の低さを求めたい人
・仕上がりはふんわりが好きな人

繰り返しになりますが、どちらもサラサラな仕上がりになりますので、頭皮ケアも意識しつつサラサラな仕上がりになれば細かいことは気にしねえ!という人であれば、あとは香りで選ぶでいいと思います。

細かく選びたい!という人は、仕上がりの面でしっとりならストレート、ふんわりならエアリーを選ぶようにしましょう。

気になったシャンプーを見つけて個別記事をチェック!

ヤス
ヤス

今回の記事を気に入ってくれたらぜひ個別記事も見てみてください!

さて今回はROOTHのシャンプー2種類を比較評価してみました!

この記事を読んで「いいな!」と思っていただいた方は、より詳細に配合成分や使用感の評価をしていますので、個別記事も読んでみてください。

あわせて読みたい
ROOTH(ルース)ボタニカルスカルプセラムシャンプー ストレート|成分解析評価と効果を口コミ
ROOTH(ルース)ボタニカルスカルプセラムシャンプー ストレート|成分解析評価と効果を口コミ
あわせて読みたい
ROOTH(ルース)ボタニカルスカルプセラムシャンプー エアリー|成分解析評価と効果を口コミ
ROOTH(ルース)ボタニカルスカルプセラムシャンプー エアリー|成分解析評価と効果を口コミ
筋トレでハゲデブを克服したヤツ
ヤス
ヤス
元ハゲデブ
<ハデデブ歴> 元92kg(体脂肪率35%)のデブ。現在75kg(体脂肪率21%)の筋肉質体型に変化。 薄毛は現在改善に向かいつつあり。 <資格> 化粧品成分検定1級(上級スペシャリスト認定)
記事URLをコピーしました