シャンプー
PR

YOLU(ヨル) リラックスナイトリペア シャンプー|成分解析評価と効果を口コミ

kiririn0830
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

「夜の間にキレイをつくる」をコンセプトにつくられたYOLUシリーズのシャンプー。

クオリティの高いこのYOLUが火付け役となり、この後に数多くのナイトケアシャンプーが発売されてきたように思います。

今回はそんなYOLUのリラックスナイトリペアシャンプーの成分解析と使用感を正直にレビューしていきたいと思います!

YOLU 3種類を比較した記事はこちら!
YOLU(ヨル)のシャンプーのオススメはこれ。シリーズ3種類の配合成分と使用感を徹底比較してみた。
YOLU(ヨル)のシャンプーのオススメはこれ。シリーズ3種類の配合成分と使用感を徹底比較してみた。

YOLU リラックスナイトリペア シャンプーってどんなシャンプーなの?

ハゲデブ君
ハゲデブ君

YOLUのリラックスナイトリペアシャンプーってどんなシャンプーなの?

ヤス
ヤス

その名前の通り、夜寝ている間の髪ケアに着目したシャンプーだよ!

価格1540円
内容量475ml

今回ご紹介するのはYOLUシリーズのリラックスナイトリペアシャンプーです。

結論から言ってしまうと、YOLUシリーズの中で最も私がおすすめしたいシャンプーです。

使用感はもちろんのこと、配合成分が1500円台のシャンプーとは思えないくらい優秀な成分がたくさん配合されています

また「夜」に着目したシャンプーというだけあって、単純に保湿補修をするだけではなく、乾かした後も継続して保湿補修してくれるような成分も配合されている点が素晴らしい

さらに香りも使用感も季節問わず使えるような仕上がりになっていて、あまり欠点が見当たらないかなりコスパのいいシャンプーになっています。

Q
コストパフォーマンスの評価

(5.0点/5.0点)

YOLU リラックスナイトリペア シャンプーの配合成分を確認してみる

Q
配合成分はこちら

水、グリセリン、ラウロイルメチルアラニンNa、ラウラミドプロピルベタイン、コカミドDEA、ココイルメチルタウリンNa、ステアルジモニウムヒドロキシプロピル加水分解ケラチン(羊毛)、イソステアロイル加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解ケラチン(カシミヤヤギ)、イソステアロイル加水分解コラーゲン、セテアラミドエチルジエトニウムサクシノイル加水分解エンドウタンパク、γ-ドコサラクトン、フィトステロールズ、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、異性化糖、ジヒドロキシプロピルアルギニンHCl、加水分解コラーゲンPGプロピルメチルシランジオール、リン脂質、ネムノキ樹皮エキス、ゼニアオイ花エキス、ミリスチルベタイン、PPG-3カプリリルエーテル、ポリクオタニウム-65、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ダイズ油、ポリクオタニウム-10、ベヘナミドプロピルジメチルアミン、ジステアリルジモニウムクロリド、ベヘントリモニウムクロリド、ゼイン、クエン酸、クエン酸Na、BG、セバシン酸ジエチル、イソステアリン酸、イソノナン酸イソノニル、DPG、塩化Na、PPG-7、ヘキシレングリコール、アラリアエスクレンタエキス、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、EDTA-2Na、安息香酸Na、フェノキシエタノール、香料

界面活性剤シリコンアルコール
合成防腐剤合成香料合成着色料
     
界面活性剤
保湿成分
コンディショニング補修成分
頭皮ケア成分
植物エキス成分
その他成分
総合成分評価

YOLUのリラックスナイトリペアシャンプーは保湿成分とコンディショニング補修成分に特化したシャンプーといった印象です。

繰り返しになりますが保湿成分と補修成分はかなり素晴らしく、1500円台のシャンプーの中では群を抜いて優秀だと思います。

保湿成分は保湿力、保湿量、保湿継続力どれをとっても素晴らしいですし、補修力についても同様で洗髪している時から乾かすときまでしっかりと補修をしてくれる内容になっています。

ただ洗浄成分はオーソドックスなのと、その他成分は残念ながらあまりこだわりの見えないものになっているので、全体的にハイクオリティにするほどのコストは残っていなかったように思います。

成分総合評価としてはかなり評価は高く、ダメージ髪の人はレギュラーシャンプーにしてもいいくらいのクオリティだと感じています。

界面活性剤

Q
界面活性剤一覧

ラウロイルメチルアラニンNa
アニオン系界面活性剤。アミノ酸系洗浄成分。洗浄力とコンディショニング作用のバランスの良い成分。

ラウラミドプロピルベタイン
両性界面活性剤。ベタイン系洗浄成分。帯電防止効果があり仕上がりをよくするコンディショニング効果がある。

コカミドDEA
ノニオン系界面活性剤。増粘作用。気泡力補助作用。

ココイルメチルタウリンNa
アニオン系界面活性剤。アミノ酸系洗浄成分。程よい洗浄力から泡立ちまでバランスの良い成分。ベビーシャンプーなどにもよく使われる。

ミリスチルベタイン
両面界面活性剤。帯電防止。

ベヘナミドプロピルジメチルアミン
カチオン界面活性剤。肌刺激はマイルドだがコンディショニング効果は低い。ややしっとり感のある感触。

ジステアリルジモニウムクロリド
カチオン界面活性剤。マイナスに帯電している毛髪に吸着し、柔軟性や静電気防止などの効果に期待できる。肌刺激性が強いため髪のみに使うことが推奨される。

ベヘントリモニウムクロリド
髪のまとまりを良くし柔軟性のあるしなやかな髪にする。帯電を防止し指通りが良くなる。持続性も高い。

良くも悪くも特筆すべき成分はないですね。

洗浄成分はアラニンNaをメインとしてベタイン系を補助剤として使用しているようです。

この組み合わせは比較的オーソドックスで、泡立ちや使用感のバランスがいいので多くのシャンプーで使われています。

また補助剤として使用されているタウリンNaは泡立ちや泡質などを向上してくれるだけではなく、ベビーシャンプーにも使用される安全性の高い成分です。

保湿成分

Q
保湿成分一覧

マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル
皮脂に似た組成の植物由来保湿成分。伸びがよく使用感と保湿性が高い。

グリセリン
保湿成分。

異性化糖
保湿成分。肌の炭水化物組成と類似しており肌のケラチンと結合することによって高い保湿効果を発揮する。保湿効果は肌のターンオーバーが進み角質ごと剥がれ落ちるまで続くともいわれる。

ポリクオタニウム-65
リピジュア。ヒアルロン酸の2倍の保湿効果を持ち、髪だけではなく肌への馴染みもいい保湿成分。

フィトステロールズ
肌の弾力性を高め水分を保持する働きがある。角質層にある細胞間脂質の役割を果たしシワやたるみの予防効果も期待される。髪を保護し水分の蒸発を抑えてくれるためまとまり安くなる。

ダイズ油
さっぱりした使用感。コラーゲンに似た働きがあり保湿効果が高く皮膚を柔らかくする効果に期待ができる。またビタミンEによる抗酸化作用にも期待ができる。

保湿力にはかなり期待できそうです

グリセリンはオーソドックスは保湿成分で、ほとんどのシャンプーに配合される保湿剤ですが、このシャンプーはその配合量が半端ではありません。

通常は水の次に洗浄成分が多くなりますが、このシャンプーにおいては水の次にグリセリンの配合量が多くなっています。

加えてリピジュアという保湿力の高い優秀な成分と、保湿が長時間継続する異性化糖も配合されていてこだわりを感じます。

グリセリンの量から若干洗い上がりが重くならないか心配ではありますが、保湿力にこだわる方には嬉しい配合内容です。

コンディショニング・補修成分

Q
コンディショニング・補修成分一覧

ステアルジモニウムヒドロキシプロピル加水分解ケラチン(羊毛)
保湿効果や皮膜形成効果があり、髪のダメージ部分に吸着しハリコシを与える。

イソステアロイル加水分解ケラチン(羊毛)
セラミドに似た構造と効果を持ち、髪や肌を保湿し髪に対してはハリコシを与える成分。

加水分解ケラチン(カシミヤヤギ)
毛髪に対する吸着性があり指通りを良くする効果がある。帯電防止効果もある。

イソステアロイル加水分解コラーゲン
塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液。コンディショニング効果を付与し泡質をきめ細かく増加させる機能がある。

セテアラミドエチルジエトニウムサクシノイル加水分解エンドウタンパク
毛髪の18-MEAの構造に類似し、毛髪表面を理想的な状態に補修。ダメージ部に選択的に吸着し集中的にケアし健康毛に近い状態に処理する効果に期待される。

γ-ドコサラクトン + セバシン酸ジエチル
エルカラクトンと呼ばれる植物由来成分。ヒートケア成分と呼ばれドライヤーなどの熱を利用し髪を補修する。うねり、まとまり、ハリコシなどの優秀な補修効果を与える。

ジヒドロキシプロピルアルギニンHCl
アルギニンとグリセリンからなる保湿剤。高い吸着力によるコンディショニング効果もある。

ゼイン
トウモロコシ由来の非水溶性タンパク質で、髪に皮膜を形成することでハリコシを与え、指通りの良さや艶を与える成分。

ポリクオタニウム-10
毛髪に対する吸着性があり指通りを良くする効果がある。帯電防止効果もある。

PPG-3カプリリルエーテル
セラミドに似た構造と効果を持ち、髪や肌を保湿し髪に対してはハリコシを与える成分。

シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール
水溶性有効成分の毛髪や皮膚への浸透を促進する効果がある。べたつきが少なく軽い感触のエステル。

イソノナン酸イソノニル
クレンジング性能に優れ、べとつかせたくない場合に重宝されるエステルオイル。

ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム
保湿効果に加え帯電防止効果もある。

加水分解コラーゲンPGプロピルメチルシランジオール
ヒートアクティブ成分。ドライヤーの熱を利用し毛髪表面に皮膜を形成しダメージを補修。毛髪強度を高め質感の向上など「ヒートアクティブ効果」を発揮します。

このシャンプー最大の特徴がこのコンディショニング補修成分。満足度は高いです。

1500円台のシャンプーでここまで優秀な成分を複数配合しているシャンプーはなかなかありません。

ケラチン系の補修成分3種類に加えて、PPT系補修成分の中でも優秀なエンドウタンパク、そしてドライヤーなどの熱を利用して毛髪を補修するヒートケア成分も複数配合されており、一時的に髪を補修するだけではなく持続させるための成分までしっかり配合されています。

1500円台のシャンプーもとうとうここまできたか、という印象でした。素晴らしいの一言ですね。

頭皮ケア成分

Q
頭皮ケア成分一覧

なし

頭皮ケアに特化したような成分は特にありませんでした。

いわゆるスカルプケア系のシャンプーに配合されているグリチルリチン酸2Kなどの成分はありませんでした。

ただし植物エキスや保湿成分に毛髪だけではなく頭皮も保湿し抗酸化作用を持つ成分もあるので、一部頭皮ケアにも期待ができるように思います。

植物エキス成分

Q
植物エキス成分一覧

ネムノキ樹皮エキス
時計樹木と呼ばれるネムノキから抽出されたエキス。保湿成分。

ゼニアオイ花エキス
ゼニアオイから得たエキス。高い抗炎症作用を持つ。

アラリアエスクレンタエキス
フランスのブリュターニュ地方北部の海藻から得たエキス。整肌作用、紫外線防止効果などを付与することが期待される。

厳選されたこだわりの植物エキスが3種類配合されています。

保湿作用、抗炎症作用、整肌作用あたりの作用を持つ植物エキスが配合されています。

その他成分

Q
その他成分一覧

クエン酸
pH調整剤。

クエン酸Na
pH調整剤。

安息香酸Na
防腐剤。

EDTA-2Na
キレート剤。金属イオンを不活性化させる代表成分。

DPG
高い保湿力を持つ。製品の品質を維持する作用も併せ持つ。

BG
保湿成分。製品の品質を維持する効果。

塩化Na
増粘調整剤。乳化安定剤。

PPG-7
保湿剤や乳化剤として配合されることが多い。弱めながらも皮膚毒性があるので注意が必要。

エタノール
防腐作用。清涼作用。植物エキスの抽出溶媒など多岐にわたる。

フェノキシエタノール
防腐剤。

香料
その名前の通り、シャンプーに香りをつけるもの。

イソステアリン酸
天然系の乳化剤。

ヘキシレングリコール
溶剤として様々な成分を溶かし、併せて抗菌剤として成分の劣化を防ぐために配合される。

個人的にはここは微妙です。

これは細かい話なので読み飛ばしてもらってもいいんですが、細かいが故にこだわりが見える部分でもあります。

いわゆる防腐剤、キレート剤、調整剤などが複数配合されており、あまりこの点におけるこだわりは感じられません。

別に悪いわけではないですが、シャンプーによっては防腐剤や調整剤を使用しないものもあるので、それに比べると微妙ですね。

YOLU リラックスナイトリペア シャンプーの使用感についてレビュー

ヤス
ヤス

続いてはYOLU リラックスナイトリペア シャンプーの使用感についてレビューしていきます!

さて続いて実際にYOLUのリラックスナイトリペアシャンプーで頭皮や髪を洗ってみて感じた感想をレビューしていきたいと思います。

チェックポイントは以下の通り。

チェックポイント4カ条

シャンプーの香り
泡立ちの良さ
洗い上がりの状態
YOLU リラックスナイトリペア シャンプーがオススメの方

シャンプーの香り:サッパリするフルーティな香り

ヤス
ヤス

個人的にはYOLUシリーズの中で最も好きな香りでした!

YOLUのリラックスナイトリペアシャンプーはペアー&ゼラニウムの香り

私もそうですが、これだけ聞いてもパッと香りはイメージできない人がほとんどじゃないですかね。笑

香りとしてはYOLUシリーズには珍しくサッパリしたフルーティ寄りの香りで、洗っている最中もほんのり爽快感を感じる爽やかな仕上がりになっています。

サッパリ系ということもあり、男女関係なく使用できるのではないでしょうか。

Q
香りの評価

(4.5点/5.0点)

泡立ちの良さ:アミノ酸シャンプーらしい泡立ち

ヤス
ヤス

一般的なアミノ酸シャンプーと同じような泡立ちですね

泡立ちについては問題なく、ストレスなく洗えるレベルにはしっかりと泡立ってくれます。

運動後の汗をかいた状態でこのシャンプーを使用してみたのですが、特に問題なく泡立ってくれました。

一方でめちゃくちゃすごい泡立ちというわけではなく、良くも悪くもアミノ酸シャンプーらしい泡立ちなので、メンズスカルプシャンプーのような泡立ちは期待しないようにしましょう。

Q
泡立ちの評価

(4.0点/5.0点)

洗い上がりの状態:指通りよくキュッとした仕上がり

ヤス
ヤス

YOLUシリーズの中では最もサッパリした洗い上がりになります!

YOLUシリーズのシャンプーはシットリした仕上がりになるものが多いですが、リラックスナイトリペアシャンプーだけはサッパリした仕上がりになります。

洗い流している最中も最初はコンディショニング剤特有のヌルッとした感触はありますが、最終的にはキュッとした手触り感に変わります。

ただしメンズスカルプシャンプーのようにギシギシしたキュキュッと感ではなく、髪が引き締まったような感触で指通りはいい感じです。

Q
洗い上がりの評価

(4.5点/5.0点)

YOLU リラックスナイトリペア シャンプーと相性が良い人と悪い人をチェック!

ヤス
ヤス

さてここではYOLU リラックスナイトリペア シャンプーと相性の良い人と悪い人についてお伝えしていきます!

ここまでは実際に使った使用感をレビューしてきましたが、ここからは購入を考えている皆さんがYOLU リラックスナイトリペア シャンプーと相性が良いか悪いかを判断してもらうための情報をお伝えします!

相性のいい人

・パーマやカラー処方などで髪の状態が気になる人
・毛髪のうねり広がりが気になる人
・毛髪のごわつきや絡まりが気になる人
・サッパリな仕上がりが好きな人
・補修継続性重視の人

相性の悪い人

・シットリな仕上がりが好きな人
・全体的にハイクオリティのシャンプーを求める人

このシャンプーはあまり相性の悪い人がいないんじゃないかと思うくらい、多くの人にマッチするのではないかと感じています。

保湿力や補修力にとても優れていて、かつ乾かした後の補修まで意識した補修成分や保湿成分が配合されているので、毛髪の乾燥やダメージが気になっていて毛髪をしっかり保湿補修したい人には是非チェックしてもらいたいです。

相性の悪い人は正直ほとんど思いつきませんが、強いていうのであれば全ての面においてクオリティの高いシャンプーを求めている人ですかね。

上を見ればさらに洗浄成分やその他成分にまでこだわったシャンプーも存在しますので、あくまでも1500円台のシャンプーとしてはめちゃくちゃ優秀だという理解でいましょう。

YOLU リラックスナイトリペア シャンプーのまとめ評価

さて今回はYOLUリラックスナイトリペアシャンプーのレビューをしてきました!

最近1500〜2000円台のシャンプーはかなり増えてきましたが、その中でも群を抜いて優秀な印象を受ける配合成分でした。

このYOLUが流行り出してから同じようにナイトリペア系のシャンプーが出てきたように思いますし、それくらいインパクトを与えたシャンプーなんだと思います。

使用感的にも季節問わず使えると思いますし、価格的にもコスパがかなりいいシャンプーですので、男女関係なくレギュラーシャンプーで使用する人も多いのではないでしょうか。

YOLUのシャンプー3種類を比較した記事も書いていますので、ぜひチェックしてみてください!

YOLU 3種類を比較した記事はこちら!
YOLU(ヨル)のシャンプーのオススメはこれ。シリーズ3種類の配合成分と使用感を徹底比較してみた。
YOLU(ヨル)のシャンプーのオススメはこれ。シリーズ3種類の配合成分と使用感を徹底比較してみた。
コストパフォーマンスの良さ
成分満足度
香りの良さ
泡立ちの良さ
洗い上がりの状態
総合評価
筋トレでハゲデブを克服したヤツ
ヤス
ヤス
元ハゲデブ
<ハデデブ歴> 元92kg(体脂肪率35%)のデブ。現在75kg(体脂肪率21%)の筋肉質体型に変化。 薄毛は現在改善に向かいつつあり。 <資格> 化粧品成分検定1級(上級スペシャリスト認定)
記事URLをコピーしました